同胞園のあゆみ

あゆみ

青文字=法人関係緑文字=保育所関係赤文字=母子生活支援施設関係

1944.04(S19)
当時の写真半田市方面事業助成会の経営で、作業場・慈光寮(母子寮)・保育園を創設し、発足する。(創設者 伊藤要三)
1944.08(S19)
当時の写真恩賜財団軍人援護会 愛知県支部の経営となる。作業場を「半田職業補導所」と改称する。
1946.06(S21)
当時の写真高松宮殿下が来所し、御視察を賜る。
1947.01(S22)
当時の写真同胞援護会 徳川家正会長が当所を視察し、激励される。博愛診療所を開設する。
1947.03(S22)
当時の写真「半田母子寮」を新設し、要援護者の収容を開始する。
1947.04(S22)
保育所を増築し、保育園は「南部保育園」として新発足する。
1947.05(S22)
当時の写真「半田授産所」を新設し、授産事業を開設する。
1948.10(S23)
当時の写真半田職業補導所を「愛知県半田作業所」と改称する。
1948.11(S23)
半田授産所及び半田母子寮の経営を半田市より受託する。
1949.03(S24)
「半田母子寮」、「慈光寮」、「南部保育園」が、愛知県知事より児童福祉施設として認可される。
1949.06(S24)
当時の写真姉妹母子寮として、「希望ヶ丘母子寮」が開設される。
1951(S26)
当時の写真当時の母子寮風景
1949.09(S24)
恩賜財団愛知県同胞援護会の経営となり、「半田同胞園」と改称する。
1959.09(S34)
当時の写真伊勢湾台風により保育所園舎全壊の被害を受ける。
1964.11(S39)
半田母子寮に、希望ヶ丘母子寮を併合する。
1965.05(S40)
当時の写真母子寮を鉄筋コンクリート造2階建に改築する。
1965.05(S40)
当時の写真児童館を鉄筋コンクリート造1階建に新築する。(学童保育・塾等の貸館事業を行う)
1966.02(S41)
恩賜財団愛知県同胞援護会より独立し、「社会福祉法人半田同胞園」と改称する。
1968.05(S43)
保育所乳児室を鉄骨造2階建に改築する。
1972.03(S47)
保育所西館を鉄筋コンクリート造2階建に増改築する。定員過去最高300名となる。
1975(S50)
当時の写真当時の風景
1994.10(H06)
当時の写真創立50周年を記念し、祝う会を行う。
1994.10(H06)
母子寮各居室に浴室を設置。(創立記念として)
1994.10(H06)
保育所外壁のリフレッシュ塗装を行う。(創立記念として)
1995.04(H07)
半田市より保育所で地域子育て支援センター事業を受託、開設する。
1998.04(H10)
児童福祉法の一部改正により、半田同胞園母子寮の名称を(母子生活支援施設)「半田同胞園」に改称する。
2000.10(H12)
保育所北館を鉄筋コンクリート造2階建に増改築する。(少子化対策特例交付金にて)
2000.11(H12)
半田市の一時保育事業を開始する。
2003.08(H15)
母子生活支援施設が、小規模分園型母子生活支援施設(定員5世帯)を、民間アパート5件借りて運営実施する。
2004.03(H16)
法人全施設の耐震診断を行う。
2004.03(H16)
保育所西館の耐震補強工事を行う。
2006.04(H18)
保育所内にて半田市より受託していた地域子育て支援センター事業を2005年度で修了し、新たに18年度より知多半田駅前再開発ビル「クラシティ半田」3階市民交流センターにて、「子育て支援事業」「幼児一時預かり事業」を受託する。
2006.07(H18)
0歳児の定員を15名と変更する。
2006.12(H18)
母子生活支援施設が、各居室に個別ユニットトイレ設置。
2012.03(H24)
母子生活支援施設・児童館・保育所東館を解体し、愛知県社会福祉施設等耐震化等支援事業費補助金及び半田市子育て支援対策基金事業補助金を得て、母子生活支援施設(全面改築)及び保育所(ホール及び事務所)の改築工事を行い、本館3階建が完成する。保育所1歳児定員30名と変更する。
2015.02(H27)
保育所西館、一時保育室の改修工事を行う。
2015.11(H27)
保育所北館調理室の改修工事を行う。(室内全面乾式フロアー等リニューアル工事)
2017.03(H29)
半田市より受託していた病児保育事業(病後児保育)を取りやめる。(半田市が直営で病児保育事業実施)

▲このページのトップへ戻る