同胞園概要

ごあいさつ

社会福祉法人半田同胞園と その歴史

理事長写真 社会福祉法人半田同胞園は、その歴史は古く、戦時中であった昭和19年より海軍特攻隊のチョッキ・作業服等をつくる勤労作業の「半田職業補導所」として発足し、博愛診療所事業等もしていました。昭和23年以降は「恩賜財団愛知県同胞援護会」の経営となり、戦争でご苦労された方々の自立のための母子寮や保育所の児童施設の運営を行ってきました。

 昭和41年には、同胞援護会より独立、法人化して「社会福祉法人半田同胞園」と改称しました。その後、経済の高度成長と共に保育所の使命は多様化し、昭和47年には乳児保育、長時間保育等の要望も受け、定員の増員(保育所300名)等、施設を大きく充実させて、母子寮・保育所・児童館の3施設を運営して母子家庭の自立支援、地域における児童の健全育成、福祉充実に寄与してまいりました。

 平成7年には子育て支援事業、その後一時保育、病後児保育事業を半田市より受託して、利用者のニーズを柔軟に受け入れられる民間施設としての役割を果たしてきています。

 平成23年には、老朽化した母子寮・保育所東館・児童館の3つの建物を解体して、新たに1階部分に大勢の保育所園児が遊戯できるホールを取り入れ、住環境の整備された母子生活支援施設(平成10年に母子寮から改称)に全面改築できました。

 こうして、建物や利用者の状況は大きく変わってきましたが、昭和19年の設立以来の半田同胞園の法人理念は決して変わるものではありません。これからも地域に根ざし、地域に理解され愛される法人であり続けると共に、役職員一同、法人理念の実践、さらなる事業の充実をめざしてまいりますので、関係各位の皆様には何とぞこれまで以上にご指導、ご協力を下さいますようにお願いいたします。

              社会福祉法人半田同胞園   理事長 北村 正信

法人概要

法人代表者
理事長 北村 正信
事業内容
第1種社会福祉事業
  • 半田同胞園(母子生活支援施設)の経営:定員20世帯
  • 小規模分園型母子生活支援施設の経営:定員5世帯
第2種社会福祉事業
収益事業
  • 太陽光発電機器の設置にかかる不動産賃貸事業
その他の支援事業
子育てサロン及び園庭開放(法人敷地内)
                   ※毎週月曜日 午前中
  • 子どもを遊ばせながら母親の交流、友達作り、また情報交換ができる場所の提供をする(子育てサロンは地域の民生児童委員さんによって運営されています)
高齢者サロン(法人敷地内)
         ※毎週火曜日 10時より午後2時30分まで
  • 地域の一人暮らしや他の方とのふれあいの少ない高齢者の方が気軽にお茶を飲みながらお話しできる場所の提供をする(高齢者サロンは地域の思いやり隊の皆さんによって運営されています)
敷地面積
3,058.242平方メートル
モットー
愛を育み、地域と共に子育て支援

役職員等の状況 

 第28期(平成29年6月20日から平成31年6月の定時評議員会終結時まで)

平成29年6月30日現在

顧問
水野 八州男
理事長
北村 正信
理事
水野源次・宍戸洋子・手島寿宏・犬塚 清・青木 誠 (6名)
監事
近藤敏通・二宮公平(2名)
第三者委員
酒井宏造・澤田圭造(2名)
 第1期(平成29年4月1日から平成33年6月の定時評議員会終結時まで)

 

評議員
酒井なつ江・杉浦勝子・鈴木一郎・永田創一・水野 節・向井克子・高木勝弘(7名)

法人現状報告書

   H28年度 法人現況報告書(PDF)new!
   H27年度 法人現況報告書(PDF)

法人経営状況

事業計画・報告書

   H27年度 事業計画・報告書(PDF)new!
   H26年度 事業計画・報告書(PDF)
   H25年度 事業計画・報告書(PDF)

広報誌「あいいく」

     H28年 7月発行(第16号)new!
     H27年 6月発行(第15号)
     H26年 7月発行(第14号)

定款等規定の資料

福祉サービス第三者評価

 当法人は、提供するサービスの質を当事者(事業者・利用者)以外の公正・中立な 第三者機関で専門的かつ客観的な立場から評価する第三者評価を公表しています。

苦情及びご意見の解決

  • 苦情等解決制度について(保育所)
  • 苦情等解決制度について(母子生活支援施設)
  • 各事業所の結果報告

   

▲このページのトップへ戻る