TOP保育所の紹介保育所での生活について

保育所での生活について

登園・降園について

  • 必ず保護者又は責任の持てる方が所定時間内に送り迎えをして下さい。
  • 登園・降園の際は保育者に声をかけて下さい。
  • 保護者以外の方がお迎えの時は、あらかじめ園へ連絡して下さい。
  • 園児と一緒に交通規則をよく守って、事故のないように気をつけて下さい。
  • 登降園はなるべく徒歩でお願いします。やむをえず車でお越しの保護者の方は、資料「駐車場の使い方について」をよくお読みになり、事故の無いようにしてください。門前の道路等の路上駐車、およびマンション等近隣住宅付近への駐車は絶対にしないでください。
  • 園児は必ず朝食を食べ、9時までに登園してください。(やむをえず9時閉門後に登園する場合は、電話連絡をしてください。TEL:0569-24-6645

独立行政法人日本スポーツ振興センターについて

職員はいつも園児の安全について心をくばっておりますが、万一保育中等に怪我をした場合のために、「日本スポーツ振興センター」に加入していただきます。(年額375円:うち保護者会費より240円、園負担135円)

保育中に怪我をした時は、加入している健康保険で治療をしていただき、その後、日本スポーツ振興センターの災害共済給付の基準により医療費等の給付が受けられます。ただし、診療報酬請求点数により、給付の対象にならない場合があります。

給食について

食事は心身の成長・発育と健康の保持・増進を図るために必要な食物を質量の両面からバランスのとれた献立を作り、全園統一して実施しています。

  • 半田市の栄養士が作成した献立表を、毎月配布します。家庭で朝夕の献立の参考にして下さい。
  • 食物アレルギー症の方は、医師の指示により対応可能です。個々にご相談ください。
  • 0歳児については、月齢にあわせて離乳食を作っています。

保護者会(大空会)について

全園児の保護者で組織している会で、会員相互の連絡を取り合って 親睦を深めたり、園の保育目標にそって保育がスムーズに効果的に行えるよう、側面から応援・協力していただくことを目的としています。

暴風警報・暴風雪警報が発令された場合について

  • 暴風警報・暴風雪警報が発令されている場合は、保育を中止します。
  • 午前7時30分までに解除になった場合
    8時30分より保育を開始します。(早朝保育は6時30分までに解除になった場合、実施します)
  • 午前7時30分〜11時までに解除になった場合
    午後1時より保育を開始します。(土曜日は休園)
  • 午前11時を過ぎて解除になった場合
    休園
  • 登園後発令された場合
    原則として保育を中止します。園からは連絡しませんので、各自で情報を確認の上速やかにお迎えに来てください。
  • その他の警報(大雨警報等)が発令された場合
    通常保育を原則とします。
    ただし、危険が予測される場合は保育を中止することがあります。その場合は、各園より連絡網を通じ保護者に連絡します。

東海地震の「注意情報」が発令された場合について

  • 登園前
    自宅待機とし、園から連絡があるまでの間、臨時休園とします。
  • 登園後
    すべての保育活動を打ち切り、すみやかに保護者に引き渡します。
    翌日以降、園から連絡のあるまでの間、臨時休園とします。
  • 登降園中
    保護者の監督のもと、安全に帰宅していただきます。
  • 遠足等園行事の場合
    出発前もしくは解散後については状況に応じて措置を講じます。
    出発後については、情報を収集の上、適切な対応をします。

入園後の注意について

次の場合その都度速やかに園の方へ連絡して下さい。

  • 住所を変更したとき
  • 退園するとき(退園届を、退園する前月の20日までに保育園へ提出してください)
  • 家族構成・家族の状況が変わったとき(出産、結婚、離婚等)
  • 勤務先(内職も含む)及び保育に欠ける理由が変わったとき
  • その他
    • 長期欠席される場合は、必ず園に理由を申し出て下さい。(連絡なく長期欠席された場合は、退園になることがあります)
    • 伝染性疾患で病院から児童伝染性疾患出席停止・許可証明書を受けた場合は、必ず園へ提出して下さい。(伝染性疾患―インフルエンザ・百日咳・麻疹・流行性耳下腺炎・風疹・水痘・咽頭結膜熱・結核・腸管出血性大腸菌感染症・流行性角結膜炎・急性出血性結膜炎・手足口病・ヘルパンギーナ・伝染性紅斑・溶連菌感染症・伝染性膿痂疹・その他の伝染病)
    • 緊急連絡先が変更になる場合は、必ず園へ連絡して下さい。
  • 入園後、途中で保護者が育児休業を取得した場合は次のとおりです。
    • 引き続き継続児となるのは、育児休業を取得する時点で3歳児以上(3歳児・4歳児・5歳児)が対象となります。従って、0歳児・1歳児・2歳児については育児休業を取得する月の末日で退園となります。
    • 育児休業での保育期間は、生まれた子が満1歳の誕生日を迎える月の末日までです。ただし、満1歳の誕生日を迎える時点で、対象児童が5歳児の場合は、次年度に小学校への就学を控えているなど、対象児童の環境の変化に配慮する必要から5歳児の年度末までとします。

※詳しくは、保育所または児童課までお問い合わせください。

半田同胞園保育所

電話:0569-24-6645/FAX:0569-24-6654

半田市役所 児童課
電話:0569-21-3111(内線293−296)/FAX:0569-21-4892

半田同胞園保育所 〒475-0846 愛知県半田市栄町2丁目22番地 TEL:0569-24-6645 FAX:0569-24-6654